恋人を作りたい人、恋人ともっと発展したい人のための読み物

恋愛ヨミモノ

メンズファッション

ブサイクがおしゃれをしても笑われる…意味がないの?

投稿日:2017年10月5日 更新日:

ネットではブサイクがおしゃれをしても意味はないと書かれています。

  • おしゃれをすると馬鹿にされる
  • 意味のない無駄な努力だ
  • 努力する場所が違う
  • ブサイクがこんなおしゃれなもの着て意味がない

誰だってイケメンに生まれたかったわけですが、生まれを選べるのはゲームだけで、現実は配られたカードで生きて行かなければなりません。

リセマラできればどんだけいいか…。

そんな配られたカードで少しでも良く見せようと、おしゃれにチャレンジするわけですが

上のように馬鹿にされたり、意味の無い行為と納得させられているのではないでしょうか?

 

「ブサイクは一生不細工のままで、泥水を舐めながら生きないといけないのは辛すぎる」

 

ではこのままブサイクがブサイクでボロを着てオシャレに無縁な生活をして、女性との出会いも一生期待出来ないという事でしょうか?

実はそうではありません。

 

不細工だっておしゃれをする権利はありますし、むしろやるべきことです。

オシャレをして笑われたり、馬鹿にされたりされるのには理由があるのです。

根本的な原因は順番が違う事。

 

私も勘違いしていた事ですが…。

この理由と対策方法さえ知ってしまえば

笑われたり馬鹿にされずオシャレを楽しめるようになり、見た目が良くなる事によって、一つランクアップした人間関係を築くことができるでしょう。

 

ブサイクがおしゃれをして笑われたり馬鹿にされる理由

 

こいつブサイクだなっと思っても

「こいつオシャレだなあ」

という人は多くいます。

ではなんで笑われたり馬鹿にされたりするのでしょうか?

 

見た目が不潔なのにオシャレをしてるから

 

ネットで馬鹿にされるいわゆるブサイクというのは

髪の毛や眉毛の肝心な箇所のケアを怠っていながら、ハイブランドの服を着飾ろうとしているからです。

顔は第一印象で重要な場所。

服装含めて8割は顔が占めていると思っても過言でありません。

そんな八割を占めている箇所のケアを怠って服装だけでオシャレにしようとしているから

「オシャレする前に手入れする場所あるだろ馬鹿だなあ」

と馬鹿にされたり笑われたりしているのです。

 

おしゃれに見せるのであれば、まず清潔感が第一。

髪と眉毛を整え、ニキビ面なら皮膚科へ行きましょう。

毛が薄いなら坊主でもして、まずは見苦しくない面にしましょう。

 

これはイケメンだろうがブサイクだろうか絶対にやるべき事。

オシャレの前に人として当たり前の行為を習慣化しましょう。

髪の毛と眉毛と髭を整えるだけで見栄えがこれだけ良くなります。

服を買う前にまずは顔や髪のお手入れを日常化しましょう。

 

高い服を着ればおしゃれになると思っている

 

おしゃれに失敗してしまう人も多くが

「みんなが羨むブランドの服を着れば自分はオシャレに見える」

というイメージを持っている事。

Supremeの服や靴を身に着けていればおしゃれになれると思っている人が多いんです。

 

ゲームのRPGなら装備を良いものにすれば、それだけステータスが上がります。

しかし、現実の世の中ではどんな服だろうがステータスが上がるということはありません。

(防寒や対衝撃など機能的なものはありますが)

 

オシャレならなおのこと、オシャレに見られたい、せめて普通に見られたいという一心で高い服を着ても

「ブサイクが無駄なもの着てるよ。もっとマシなもの着なよなぁ」

と馬鹿にされたり笑われたりしてしまうのです。

こちらの画像がしょっちゅう使われているのは、「やるべきことあるだろ」ということです。

 

良いブランドのジャケットを身につけても

  • 髪がボサボサ
  • 眉毛は伸ばしぱなしでもじゃもじゃ
  • インナーがよれよれ
  • パンツはだぼだぼ
  • 靴は汚れたスニーカー

これではせっかくの高いものも台無しです。

つまりはブサイクだからではなく、見当違いのオシャレをやっているから馬鹿にされてしまうわけです。

ブサイクでも順番通りやっていけば誰も笑う事はありません。

 

一方通行な自己流のオシャレ

 

オシャレにはルールというものが存在しています。

「オシャレは自由だ」と言う人こそちゃんとルールを守っています。

関連記事:あなたの普段着をオシャレに見せるための大原則

 

このオシャレのルールを無視して、自分独自のファッションをしてもおかしくなるのは当然な事。

やってしまう典型的な失敗例は、アニメや漫画のファッションを現実でもやってしまう。

アニメや漫画では男がスカートをはいてもサマになりますが、現実ではこんなものです。

 

アニメ上なら確かに格好いいかもしれませんが、残念ながらここは現実です。

私もアニメの主人公の格好をしたらモテるのでは…と考えていました。

アニメでは格好良いかもしれませんが、髪をツンツンさせ、ジャラジャラしたロングコートをなびかせればそれは単なる変質者ではないでしょうか。

こんな服も着たら似合うかもって思いますが、こういうのはステージ衣装というもので、街着ではないです。

 

「ファッションショーだって奇抜じゃないか」

お!スーモ君だ!

 

確かにぶっ飛んだファッションだらけで、オシャレは自由なんだなあと思ってしまいます。

しかしファッションショーのファッションも、長い歴史の基礎の上に、変態的感性が混ざった超上級者の姿です。

一長一短で組み合わせた訳ではない究極のオシャレです。

剣の達人同士が動かないでずっと時間が過ぎるのと同じような感性じゃないでしょうかね。

とは言っても、あそこまで奇抜にする必要性は全くありません。

 

あそこまでいくとプロ同士でしか伝わらない何かがあるという事です。

まずやるべきは、アニメでいうモブキャラを目指すようにしましょう。

現実でこんな格好の人がいたら結構ヤバイ人達。

 

嫌味も無く個性的でも無い、街の風景と同化するくらい自然な格好を目指すように。

これがオシャレの基本です。

 

自分の体型に全く合っていない

残念ながら憧れの服装をしたからといって体型が変わる事はありません。

華奢な人がアメカジをしても余計に貧者に見えますし、太っているからヒップホップ系にしても太って仕方ないんだと思われるでしょう。

服は万能ではありません。

 

憧れる人の服装を真似るのは、オシャレになるためにも最短なやり方ですが、憧れる人と自分の体型は比較するべきです。

これを無視して全身着飾ってもなんか変と笑われてしまうのです。

まずは自分の全身像を把握して、何が短所なのか見極めるようにしましょう。

関連記事:目立つお腹を隠すためのメンズファッション

 

デパートや大型スーパーには全身を写す鏡があるはずです。

これを5メートル離れて自分を観察して見ましょう。

それが今のあなたがどう他の人に客観視されているか一つの指標です。

 

顔が大きくなあと思ったら小顔に見せる服装にしたり、脚が短いと感じたら脚を長く見せるコーディネートをしましょう。

わたしも脚が短く胴が長い体型にコンプレックスを抱いています。

しかし脚を長く見せる服装を行ってからは脚長い人と思われています。

自分の弱点を補っていく事こそオシャレの基本です。

関連記事:短足でチビでもサマになるロングコートの選び方合わせ方

 

 

ブサイクが笑われずオシャレになるための順番

 

  • 髪をオシャレに切ってもらいセットの方法を教えてもらう
  • 眉毛を手入れする、手入れする習慣化を身につける
  • シンプルでキレイに見えて、モノトーンの靴を買う
  • 自分サイズに合って足首がキレイに見えるパンツを買う
  • 白、黒、グレーのインナーを買う
  • 自分のサイズに合ったシャツを買う
  • 自分のサイズに合ったアウターを買う

この順番であれば失敗は少ないですし、笑われるような事はないはずです。

 

「いきなりダサい状態で美容院って怖いんだけど」

関連記事:おしゃれな店にアパレルショップや美容院などに入るのが怖いどうしたらいい?

このような人もいますよね。そんな時はまず靴からでも良いでしょう。

「色々買い揃えの大変そうだ」

と思いますが、靴はABCマート、服はユニクロでほとんど済んでしまいます。

お金は全身揃えるので多少掛かるでしょう。

関連記事:服を買うときどこにお金をかけるべき?

 

しかし何事も始めるときは必ず初期投資が必要になってきます。

釣りを始めるなら最低限釣竿とリールとシカケは必要です。

マラソンでさえシューズとシャツとパンツは揃える必要性があります。

ゲームを始めるにもハードとソフトが必要です。

「オシャレはお金が掛かる」というのはちゃんとした初期投資ができていないから。

ある程度買い揃えてしまえば、古着やセールを利用して安く済ませる事ができます。

関連記事:お金がない新入社員でもブランド物を買わずにオシャレに見せる方法

 

はじめこそブサイクな自分がオシャレなんて…と身構えしてしまうでしょう。

ですが安心してください。

これはイケメンだろうがブサイクだろうが誰もが通る道。

初めてやる事は誰だって怖いんです。

私だって怖かった、店員とロクに目も合わせられませんでした。

しかし、これを乗り越えるとどうでしょうか、今までダサい自分という殻から解放された清々しい気分が目の前に広がります。

必要なのはちょっとの努力と多少の資金と行動力。

たった三日自分のためにオシャレに費やせば一生ブサイクでオシャレしてるなんて馬鹿にされる事は無くなるでしょう。

やる事は今すぐ行動に移す事です。

いずれは歯磨きをするかのようにオシャレが身につくようになれます。

-メンズファッション

Copyright© 恋愛ヨミモノ , 2017 AllRights Reserved.