恋人を作りたい人、恋人ともっと発展したい人のための読み物

恋愛ヨミモノ

メンズファッション

服を買うときどこにお金をかけるべき?

投稿日:2017年9月15日 更新日:

服を買いに行くときにどこにお金をかけたらいいのかわかりません。

  • マネキン買いをしたのになんか変な格好に
  • 高いコートを買ったのに自分には似合わなかった
  • 収入が低くて、服に費やすお金が限られている
  • 色々服を買ったのに自分が着るとなぜかダサく感じてしまう
  • せっかく買った服も自分が着ると似合わないので今ではタンスの肥やしに

日本人は衣服にかける金額はひと月に5千円から1万円と言われています。

 

割と支出している人が多いのと感じますが

「おしゃれだな」と思える人が少ないと思いませんか?

ただなんとなくオシャレだなと服を手に取り、

「自分が着たら似合うんだろうな」

「このブランドだったらきっとおしゃれに見えるだろう」

となんとなくで買っているのではないでしょうか。

関連記事:高い服でもダサく見えるのはラインが悪いから。抑えておくべき3つのおしゃれのルール

 

しかし、これではいくら金をかけてもおしゃれに見せることができないのです。

私もつい最近まで、高いブランドの服を着ればおしゃれに見せることができると思っていた人間の1人です。

しかしオシャレに見せるためのポイントを理解し実践したら、たいしてお金を使わなくてもオシャレに見せることができたのです。

 

 

つまりは、今回お伝えするまず服を買うときにどこにお金をかけるこというポイントが理解できれば

タンスの肥やしになるような無駄な服を買い揃える必要もなくなり、少ない支出でお洒落たのと見せることができてしまうのです。

 

お金をまずかけるべきところはボトムスから

 

ボトムスというとパンツと靴です。

いわゆる下半身ですね。

お金をかけるべきところはまずこのボトムスから行うことの方が重要となってきます。

関連記事:1日でおしゃれになるにははまずボトムスから買い揃えましょう

 

ボトムスからそろえる理由

 

ボトムスから揃えるのには理由があります。

それはボトムスがシルエット全体を整える作用があるからです。

ちなみに上半身のトップスは、全体の印象を変える作用があります。

 

服を買うときになんとなく上半身ばかり目が行くようになっていませんか?

大切なのは全体のシルエットを整えることの方。

おしゃれに見せるための重要なポイントだったりするのです。

 

ファッション雑誌をよーく注意して観察すると見直されたなと着こなしているのは足元やパンツがスッキリしている事がわかります。

つまりは皆さんも足元をちゃんとスッキリすれば、お金をかけずともオシャレに見せるということはできてしまうわけです。

というように、最後の画像はキレイでオシャレに見えますが、はじめ三つの画像は足元が悪いと全体が悪くなる例です。

これだけ足元は重要ということです。

関連記事:1日でおしゃれになれるボトムスの選び方

 

お金をかけずオシャレに見せるパンツの選び方

パンツの種類はジーンズでもスキニーでも、ガーゴパンツでも、チノパンでも何でもいいでしょう。

「おしゃれに見せるときこだわらなくていいの?」

そう思いますが、サルエルパンツたベルボトムなどよっぽど偏りがないパンツでなければ大丈夫です。

関連記事:お金がない新入社員でもブランド物を買わずにオシャレに見せる方法

 

重要になってくるのが、パンツのサイジングとスネから足首にかけての裾のシワです。

サイズが多けれダボダボになってしまい全体の印象が太くなってしまいます。

裾のシワが多いと野暮ったい印象になってしまいます。

 

ですから、パンツを選ぶときは自分の体型にフィットしたパンツを選び、裾をちゃんと手直ししてもらうようにしましょう。

個人的には、パンツだけはちゃんとショップに行って裾直しや試着をするべきです。

足の長さや股下など下半身のサイズは人それぞれ、SサイズだからとかMサイズとかではジャストサイズになかなか到達しません。

 

ある程度パンツは手直しが必要なものと思っておいて損はないでしょう。

手間はかかりますが、一度揃えてしまえば他の服が簡単に合わせられることができます。

 

お金をかけずオシャレに見せる靴の選び方

 

靴一つでも全体の印象を大きく変えてしまいます。

例えばビシッとスーツを着飾った営業マンでも、オタクが良く履くダンロップのスニーカーを履いてしまうと

「田舎から上京してきたのかな?」

と一気に子供ぽい印象を与えてしまいます。

 

昔から「この店は足元をよく見ている」

という言葉があるように靴は重要な役割を持っているのです。

お金をかけずオシャレに見せるのであればシンプルなモノトーンの靴が一番。

黒の街用革靴やゴテゴテしてないブーツ、単色のコンバースのスニーカーなどが理想です。

靴単体で見るとあまりにもシンプルすぎて、

「これでいいのかな」

「シンプル過ぎじゃないの?」

というイメージが湧いてしまいます。

全体の印象であれば、シンプルであればあるほど足元に視線が外れ全体の印象が良く見えるのです。

実際、街に出てゴテゴテの派手なスニーカーを履いているような人たちを見ると、視線が絶対に下に行くくことが分かるはずです。

靴がゴテゴテすぎると足元に目が行ってしまい、野暮ッたくみえてしまいます。

関連記事:おしゃれに見せる靴の選び方

 

ボトムスがちゃんとしてればボトムスは適当でもオシャレに見える

体全体の印象を整えるボトムスがしっかりしていれば、多少トップスが適当でもオシャレに見せることができます。

ですから、トップスは古着やファストファッションで揃えてお金を節約するのも良いのではないでしょうか。

関連記事:おしゃれに見せるシャツの選び方と合わせ方

関連記事:おしゃれに見せるTシャツ、カットソーの選び方

 

私の場合は、ボトムスはちょっと良いブランドで揃えてトップスはほとんど古着で使い潰し、インナーはユニクロや無印良品で揃えるという感じにしてます。

ちょっとオシャレ用にジャケットやコートは、良いブランドを1着2着揃えておくのも良いでしょう。

関連記事:おしゃれに見せるテーラードジャケットの選び方

 

まとめ

ボトムスさえちゃんと揃えれば、トップスも価格を抑えておしゃれを簡単にすることができます。

今までおしゃれをしようとするとき、トップスから入っていたのではないでしょうか?

これをまず、ボトムスから揃えるようにするとオシャレも簡単にしっくりくるはずです。

 

ただし、ボトムスの調整は直接お店に行って試着する必要があります。

おしゃれなお店に行くのが恥ずかしいという人も、まずはユニクロから始めてみるというのも良いのではないでしょうか。

関連記事:おしゃれな店にアパレルショップや美容院などに入るのが怖いどうしたらいい?

ユニクロであれば試着も簡単気軽です。

しかもユニクロのパンツはプロのアパレル関係者も質が高いと太鼓判を押しているくらい。

日本全国どこにでもあるおされて簡単に聞けるアパレルショップここで活用する手はないでしょう。

-メンズファッション

Copyright© 恋愛ヨミモノ , 2017 AllRights Reserved.