恋人を作りたい人、恋人ともっと発展したい人のための読み物

恋愛ヨミモノ

メンズファッション

テーラードジャケットの選び方1万円からでもオシャレにみせるワザ

投稿日:2017年7月7日 更新日:

他の男性より一歩先に出ておしゃれに見せるのであれば、テーラードジャケットは1着は持っておいた方が良いアイテムの一つです。

初デートや、合コンなど、ちょっとオシャレに見せたいというときに一着持っておくと便利なアイテムです。

関連記事:第一印象はかなり重要会って10秒で6割が決まる

 

↑の画像は典型的な失敗例、テーラードジャケットの丈は長いし、パンツもダボダボなので野暮ったい印象になっています。

関連記事:1日でおしゃれになるにははまずボトムスから買い揃えましょう

 

テーラードジャケットとは簡単に言えばスーツの上着です。

男性にとっては一番見慣れたトップスで正装でもあります。

このテーラードジャケットは、ドレスとカジュアルで言えば当然ドレスのアイテムに分類されます。

 

カジュアルに偏りがちなメンズファッションもぐっとドレスライクにするため、見た目からしてオシャレに見せてくれるアイテムです。

このテーラードジャケット選び方にも工夫があります。

失敗しないための選び方について解説します。

 

スーツの上着をテーラードジャケットとして使っていいのか?

 

テーラードジャケットも意味合いはスーツの上着。

「だったら普段使ってるスーツの上着を普段着にも生かせることができるのではないか」

そう思っていますが、結論として言えば不向きですその理由について説明します。

 

スーツの上着と街着用のテーラードジャケットは限りなくボーダレスになっています。

しかし、ビジネス目線で消耗品として大量に販売されているスーツショップのものを

テーラードジャケットとして活用するのは危険です。

 

これらの大半はシルエットに難があります。

量販店の製品は、あくまでスーツを日常的に仕事着として使う人向けであって

シェイプを避けたり肩幅を広めにしたり誰でも来られる形にしています。

ビジネス向けに機能性や運動性に配慮しているため、シルエットは二の次であることが多いのです。

 

もともとスーツとして着るには問題ないのにも、ひとつながりに見えるため多少のシルエットの悪さはごまかせることができるからです。

実際、カジュアルなジーンズと組み合わせて着てみると、シルエットも悪さが際立つことがわかるはずです。

 

カジュアルなジャケットは買ってはいけない

テーラードジャケットにも様々な種類があり、例えば

  • ポケットが多く付いていたり
  • 刺繍が入っていたり
  • 肉厚のデニム素材だったり
  • ゆったりとしたルーズなシルエット

であればカジュアルな印象になるでしょう。

洋服の印象と言うのは

  • デザイン
  • シルエット
  • カラー

この3要素で決定します。

デザインではなく、シルエットやカラーもドレスを区別する重要な要素です。

 

いくらデザインがテーラードジャケットだとしても、カジュアルなコットン素材とカジュアルな青色であれば、それはカジュアルアイテムであるブルゾンに近いもので、ドレスの良い証拠は皆無です。

テーラードジャケットは一見地味に見えてしまい、

「刺繍や奇抜なデザインを買った方が目立つのではないか」

と思われがちですが、ドレスの様子を崩してカジュアルに見られてしまうテーラードジャケットはお勧めできません。

オシャレ初心者は無難にブラックのテーラードジャケットを選ぶようにしましょう。

関連記事:おしゃれに見せるなら服は何色がいいの?

 

テーラードジャケットの選び方

テーラードジャケットというと少し高そうだなというイメージがあるはずです。

それなりに良いものであれば、ユナイテッドアローズやナノユニバースなど、大手セレクトショップのオリジナル品であれば失敗しないでしょう。

 

「予算があまりない…」

1万円以内で収めたいというのであれば、ファストファッションブランドのテーラードジャケットでも綺麗に見せることができます。

ZARA、H&M 、ユニクロ

代表的なファストファッションブランドですが、テーラードジャケットも取り扱っており1万円以下とお買い得な価格で購入することができます。

 

テーラードジャケットは試着して買うべき

ドレスライクなテーラードジャケットは、おしゃれに見えるか見えないかはサイジングによって大きく変わってきます。

 

あまりにも自分の体型よりかけ離れた大きさだと、とっつぁん坊やになってしまいますし、小さすぎると肩周りがピチピチで見てて堅苦しそうなイメージになってしまいます。

一番良いのは、ジャストサイズできつくもなく大きすぎないということです。

 

メーカーによっては、M サイズでもL サイズ以上な大きさに見えます。

「自分はM サイズだ」

と思っても、S サイズの方がピッタリだったりと。

メーカーによっての大きさは様々で、袖の位置はぴったり合っているのにスーツの丈が長く野暮ったく見えてしまうなんてことも多くあるのです。

 

失敗しないためにもテーラードジャケットは一度ショップに行きちゃんと試着することをお勧めします。

試着してちょうどいいサイズが見つかれば、通販で改めて買うのも良いですしそこのお店で買うのも良いでしょう。

 

どちらにせよおしゃれになるのであればお店に行って試着する事は避けられません。

人を避けておしゃれを目指すということは絶対にできないことなのです。

 

だからといって、定員さんに付きまとわれるのはちょっと苦手。

そんな人こそ、まずは先ほど紹介したファストファッションのブランドのお店に売ってあるジャケットを試着する。

 

それが誰にも邪魔されずオシャレに近づくための第一歩になるはずです。

-メンズファッション

Copyright© 恋愛ヨミモノ , 2017 AllRights Reserved.