恋人を作りたい人、恋人ともっと発展したい人のための読み物

恋愛ヨミモノ

メンズファッション

野暮ったい服装の場合のすぐできる対策方法

投稿日:2017年6月30日 更新日:

おしゃれの3要素である

7対3のバランスでドレスとカジュアルの割合にすればおしゃれに見せることができる。

そういう理論的には書いてあるのに実践してもなぜかおしゃれに見えない、逆にダサく見えてしまう、余計オッサンぽい。

このようになってしまうことってありませんか?

おしゃれのやり方はわかったと、タンスの中にあるテーラードジャケットとデニムをおもむろに組み合わせたとしてもうまくいかないことが多いのです。

↑シャツがシワシワで野暮ったくなっている、パンツがダボダボのドカジュアルに生活臭のある部屋がよりダサさを演出しています。

これには理由があり、この問題さえ解決すればたちまちあなたの格好もおしゃれへと変わることができます。

 

理論がわかっていてもダサく見えてしまう理由

例えばテーラードジャケットのシルエットがゆったりしたもので、色がカーキだとデザイン以外の要素でバランスを失っている可能性があります。

これにカジュアルのデニムを合わせてもテーラードジャケットがドレスだからオシャレに見えるといってもシルエットがカジュアルだと相殺されてしまうのです。

「これだと何がなんだかわからないよ」

と思ってしまいますが、ご安心を。

おしゃれ初心者でもやさしいコーディネート方法が存在します。

 

シルエットとカラーは固定する

いきなりおしゃれを始めようと意気込んでも理論は分かっていても実践するとしっくりこないということが多くあります。

関連記事:自分の服装がダサく見える2つの理由

 

これはおしゃれに慣れていないため、想像と現実が一致していないことによる現象です。

何事も始めてやることはなかなかうまくいきません。
これは勉強でもスポーツでも同じことが言えるので焦る必要はありません。

そこでおすすめなのは3要素のうちに2要素をロックしてしまう方法です。

オシャレ初心者が失敗しやすいシルエットとカラーを固定してしまうわけです。

シルエット
上下細身に固定

カラー
モノトーンもしくはモノトーン+一色

カラーはダークカラーのネイビー黒と同系色と白、細身のパンツであわせているのでラフだけどオシャレに見えます。

 

シルエットとカラーを固定すると良い二つの理由

アメカジばかりから一歩先行ける
日本はアメカジの影響を色濃く受けているのでカジュアルアイテムが大量に流通しています。

街着として見かけるのはかじゆあるう屋やリラックスウエアーの人たちばかり。

だいたいの男性は外に出てもこんな感じの服装が多いです。

つまりはシルエットとカラーをドレスに寄せるだけで簡単に差をつけることができてしまいます。

 

日本人の体型の不利を誤魔化せる
日本人は胴長短足に加えて童顔なので、ドレスよりにコーディネートをまとめることが近道です。

スーツを来ているとビシッとしてカッコいいのに普段着はだらしなくてダサい。

↑の画像ボトムスが細身の黒統一しているのでドレスライクに寄っています。トップスは微妙ですが全体的にきれいに見えるのはボトムスがキレイなシルエットだからです。

これも普段着がカジュアルに偏っているからです。

これをシルエットとカラーでドレスよりにするだけで普段着でもスーツと同様にビシッとかっこよく見せることはできるのです。

 

選ぶのはデザインだけなので服を選ぶのが簡単になる

 

カラーとシルエットは固定されているので、選ぶのはデザインだけになります。

テーラードジャケットにはデニム、シャツにはスウェットパンツなど、とてもシンプルな発想でコーディネートがしやすくなります。

 

多少バランスがカジュアルに偏ってしまったとしても、カラーとシルエットがドレスよりにロックされていれば、そうそうおかしくなることはありません。

おしゃれ初心者の人は制限がかかっているほど選択肢は狭まり、簡単な発想でオシャレに見せることができるのです。

関連記事:1日でおしゃれになるにははまずボトムスから買い揃えましょう

 

慣れてきたら少しずつ制限を緩めていく

 

まずは固定したファッションでコーディネートを行っていくと、少しずつこうすればかっこよく見せる、綺麗に見せることができるんだと自然に気づくようになります。

そうしたら、レベルアップしてシルエットのロックを解除してみましょう。

初めのうちは細みのIラインだけでしたが、今度は太めのアイテムを使ってコーディネートの印象を変え、AラインやYラインに挑戦しましょう。

これらのファッションも初めは違和感があるかもしれませんが、慣れてくればこうやればいいんだあと自然にわかってくるはずです。

 

おかしくなり始めたら初心に帰る

守破離という言葉があるようにしばらくのオシャレは「守」を徹底しましょう。ぶれないと服選びも楽になります。

慣れてくると自分なりのスタイルが確立されてきます。

 

しかし慣れてないうちからいきなり自分のスタイルを確立させようとすると、途端にまた変になってしまうということも。

特に季節の変わり目の冬から春、夏から秋に陥りやすい季節です。

 

そうなってしまった場合は、またカラーとスタイルを固定した服装にもして初心にかえるようにしてみましょう。

こうすることによって、また基礎からファッションのノウハウを蓄積することができます。今後大きな失敗はなくなっていくでしょう。

 

このやり方は洋服の合わせ方の基礎ともいうべき非常に有用なものです。

特に自分のコーディネートに自信がない。また感覚がよくつかめないという方はぜひ試してみてください。

 

それでも「まだなんかダサい」と感じているのであればボトムスの一つである「靴」に原因があるかもしれません。

昔の言葉に「足元をみやがって」というように、履いているもので全体の印象は大きく変わります。

オシャレに見せる靴の選び方を参考にしてみてください。

 

-メンズファッション

Copyright© 恋愛ヨミモノ , 2017 AllRights Reserved.