恋人を作りたい人、恋人ともっと発展したい人のための読み物

恋愛ヨミモノ

メンズファッション

服装のダサい旦那と一緒に歩いて楽しくなる安くできる改造方法

投稿日:2017年6月15日 更新日:

結婚してから格好良かった旦那も今じゃ見る影無くなりダサいんです…。

  • 旦那に少しでもオシャレにしようといい服を選んでのに着るとダサい
  • 旦那が選ぶ服がダサくて一緒に歩きたくない
  • お金はあまり使わず旦那の服装をオシャレにしたい
  • 旦那が買ってくる服がダサくて困る

旦那の服装がダサいと一緒に歩くのも恥ずかしいですよね。

 

とはいっても昔格好良い姿は今は昔。

体型も中年太りで服装もおじさん、このまま男として見れず過ごさないといけないの?

仕方ないかなという感情と、どうにかしたいという感情が入り混じっているのではないでしょうか。

 

かといって、旦那の服にお金ばかりかけるわけにもいきません。

自分の服も買いたいですし、子供の将来のため、自分の老後のためのお金というのもあって、少ないお金でやりくりしなくてはいけないはずです。

 

ですが安心してください。私もファッションセンスのダサい旦那を改造させることに成功できました。

今では、旦那もオシャレに目覚めて今の方がお出かけする事が増えました。

 

そんなにお金をかけることなく旦那の服装をオシャレに見せる事ができます。

まずは、なんで今旦那の服装がダサく見えるのか、そしてどうやったら旦那をオシャレにさせる事ができるのかアドバイスします。

オシャレな旦那をもう一度蘇らせれば、一緒に歩くことの楽しさを味わったり、旦那をまた男として見る事ができるでしょう。

 

旦那の服装がダサい4つの理由

 

旦那の服装がダサく見えてしまうのは、様々な要因が絡み合ってそう見えてしまうんです。
ではその要因を紹介します。

旦那の服装のセンスが学生時代がら止まっている

早いうちに結婚した場合、旦那のファッションセンスは妻であるあなたに依存しているのではないでしょうか?

女性であるあなたとのファッションセンスは自分であれば時代に追いついていますが、男性のファッションの感性は旦那が一番かっこよかった時代に取り残されているかもしれません。

 

ファッションも10年以上経過してしまえばダサく見えてしまいます。

そんな感性のまま旦那に服を着せても、年齢と時代のギャップが生じてしまいダサく見えてしまいます。

これはいわゆる「お母さんが買ってきた服はダサい」理論でといってもいいでしょう。

 

中年太りを隠すためにも全体的にオーバーサイズ

昔の旦那と今の旦那の体型が大きく違っていませんか?

30過ぎると急激太りだす男性が多く、筋力の低下によっておっさん体型になってしまいます。

おっさん体型の代表的なイメージは目立つ腹。

 

男性にとってポッコリとしたお腹というのはコンプレックスなんです。女性であれば太ももが太いとか、お尻が大きいとかというところです。

そんなほっこりとしたおなかを隠すために、全体的な服装がオーバーサイズになりがちになってしまいます。

 

確かにお腹は隠せることができますが、全体的にオーバーサイズな服装は野暮ったい印象を与えてしまいます。

これによって中年の体型と合わさりダサく見えてしまう訳です。

 

旦那の服装がカジュアル過ぎる

年齢を感じさせない若々しさが欲しいとアメカジに偏りすぎた服装は、幼いイメージを与えてしまいます。

やんちゃなおじさんを目指しているのに、単なる年齢を服装でごまかすキツイおっさん。

服装においてある程度のカジュアルな要素は必要ですが、カジュアルに偏りすぎた服装は子供っぽさを演出してしまい逆効果です。

 

試着せず服を買っている

 

旦那の服装がダサいと感じられるのは試着をせず、とりあえず自分はM サイズだからM サイズと服を買っている場合が多くあります。

試着はタダなのにやらない人が多すぎ。

 

人の体型はMサイズ一つでも大きく違うます。

人によってがオーバーサイズだったり、丈が長く野暮ったくなっていたり。

5メートル離れて自分がどう写っているか鏡を見てもらうようにしましょう。

 

ダサい旦那の服装をオシャレに見せる方法

 

どんなの服装をおしゃれにさせるのは、別段高いブランドの服を買う必要はありません。

普段からよく行くユニクロやGU でも十分おしゃれに見せることができてしまいます。

では、どうやったらオシャレに見せることができるか。そのコツを紹介します。

 

必ず試着させる

Tシャツ1枚でも安いパンツでも、必ず旦那には試着してもらうようにしてもらいましょう。

実はM サイズがぴったりだと思っていたのはSサイズの方がちょうど良かったり、パンツの裾合わせして全体の印象を良くさせることができます。

試着はタダで失敗しせずにオシャレな服を選ぶためには必要な行為です。

お互いめんどくさがらずに試着を行うにしましょう。

 

トップスは白シャツとジャケット

引用:http://www.sowear.jp/cart/white-shirts/

 

トップスを全体の印象をイメージ付ける役割があります。

年不相応な派手なTシャツやスポーツタイプのポロシャツはおじさん体型をごまかしきれません。

 

そこでおすすめなのが白のシャツです。

春先であれば、それにテーラードジャケットが良いでしょう。

ボタンを留めて白シャツを身につければシュッと印象がシャープになり、目立つお腹のポッコリもうまく隠すことができます。

シャツの丈が長すぎると途端に野暮ったくなるので腰位置に丈がくるようなシャツを選ぶようにしましょう。

 

スニーカーより革靴

 

普段サラリーマンをしていると、仕事とプライベートのギャップが楽しいみたいとスニーカーを選びがちです。

スニーカーはカジュアルな割合が強くなってしまい、旦那の服装のダサさを増長させる原因につながってしまいます。

スニーカーよりカジュアルに履ける革靴やドライビングシューズなどシンプルなアイテムを選ぶように。

足元を綺麗にするだけでも途端にオシャレに見せることができます。

 

パンツは裾直しをしてダボつかないように

旦那の服装が何かダサいと感じる場合、パンツの足首の部分にシワがたまりすぎている場合があります。

パンツを買うときに試着せず購入しているとよくあるパターンです。

パンツの裾のシワを手直しによってスッキリさせる事によって、野暮ったい印象を払拭させることができます。

 

まとめ

 

旦那の服装も共にさせるのであれば服を買うときにちゃんと試着をさせて、カジュアルに寄りすぎないようにコーディネートしてあげましょう。

こうすることによって、今までダサく野暮ったい印象をすっきりとシャープかっこよく見えるはずです。

 

このやり方を実践すればファストファッションでもキレイにオシャレに旦那を一時間程度で改造できるでしょう。

旦那はドレスライクな格好に少し堅苦しさを覚えるかもしれません。

 

しかし、いつの年齢になっても男性はかっこいいと思われることは何より嬉しいこと。

中年になってもまだまだ俺はかっこよくイケると自信を持たせてあげれば、今の生活も張りが出るのではないでしょうか。

 

初めてこそめんどくさい旦那を連れて行くのは億劫かもしれません。

しかし、たった1時間である男性の自信を蘇らせ、男として見られるのであれば、ちょっと頑張ってみましょう。

-メンズファッション

Copyright© 恋愛ヨミモノ , 2017 AllRights Reserved.