恋人を作りたい人、恋人ともっと発展したい人のための読み物

恋愛ヨミモノ

メンズファッション

自分の服装がダサく見える2つの理由

投稿日:

オシャレになろうと欲張らず、せめて私服は見られてもおかしくない格好でいたい。

様々なファッション雑誌や、行き交う人々を見て参考にして選んだ服、はたまた、マネキン買いをしたという経験もあるのでは?

「これなら間違いがない」

と思っていてもなぜか自分が着るとダサく見えてしまう

このような経験ありませんか?

 

例えば、東京に出てきてみんながオシャレ。

自分もその輪の中に入りたいと思って、有名ブランドのアパレルショップに行き服を買いに行った事。

意気揚々と自宅に帰って試着してみると、あれ?なんか違うぞ…。滅茶苦茶ダサいんだけど…。

 

店員もこの生地がイイとか、ガラがとかこのデザイン今流行ってるんですって言われて買ったのに実際自分が着るとダサいんです。

これは天地がひっくり変わっても変わりようがない事実。

モデルはカッコよく着ているわけですから、あなたはきっと自分がセンスがないから悪いんだ。

と思うはずです。

 

しかし実は違います。

あなたが良い服を買ってもダサく着こなしてしまうにはたった二つの理由があるからです。

 

一つは服に対する質にこだわりすぎている

もう一つはアメカジに偏りすぎている

 

この2つさえクリアさえしてしまえば、無駄に高い服を買わなくてもオシャレと思われる格好は十分できるのです。

では、あなたの服装がダサく見えてしまう理由について掘り下げて解説します。

関連記事:あなたの普段着をオシャレに見せるための大原則

 

服に対する質にこだわりすぎている

 

おしゃれに慣れてない男性が失敗するよくあるパターンに質を重視することはあります。

例えば有名なアパレルメーカー

  • poloのポロシャツを着ればかっこよく見える
  • ポールスミスのシャツを着ればキレイに見られる
  • コムデギャルソンで揃えれば出ること間違いない

逆に

  • ユニク●なんて着たら直ぐにバレる
  • 無●良品なんて雑貨屋
  • ジーン●メイトは中学生御用達

なんていう人もいます。

このようにメンズファッションは着こなしよりも、ブランドやスペック、うんちくが全てといってもいいでしょう。

関連記事:高い服でもダサく見えるのはラインが悪いから。抑えておくべき3つのおしゃれのルール

 

雑誌もショップもスペックばかり

 

試しにファッションを雑誌を開いてみてください。

その情報のほとんどは素材やディティールなどスペックに関するものがほとんどなんです。

アパレルショップに足を運べば、

  • このTシャツを着ると肌触りが良くて
  • このパーカーは今年の流行に沿ったもので
  • このパンツは有名デザイナーが設計したもので

などなど。質にまつわるセールストークばかりなんです。

 

しかし冷静に考えてみると、貴重な素材が良かったらおしゃれになれるのか、有名デザイナーを設計したからといってすぐに格好良くなるのかといった疑問が出てくるはずです。

 

あなたを本当に必要なのは質ではなくその含まれるを着たらおしゃれに見えるかどうかではないでしょうか

 

何で質ばかりが強調されてしまうの?

 

なぜ巷では質ばかり終始しているのでしょうか。

結論から言ってしまうとそれが商売だからです。

こうすればオシャレに見せられる。

という着こなしのルールを体系的に説明することができる店員がいたとしても

正直に説明してしまうと

お客は「ユニクロでいいじゃないか」と感づいてしまうわけです。

それでは商売になりませんね。

ですから、ショップの店員はそんなことは口が裂けても言えないでしょう。

 

質という絶対的な存在があるから

 

しまむらのジーンズとリーバイスのジーンズどっちがいいか?

と聞かれると当然、リーバイスと答えますよね。

このように質が絶対的だからです。

 

現在でもIT 化によって、商品の在庫管理は極めて合理的に行われるようになっています。

売れた商品アイテムは管理される結果、似たようなデザインが増えることになります。

 

そんな状況で、服を選ぶ決め手がおしゃれに見える合わせ技、着こなし方になってしまうとどこの店で売っている商品でも代用できるようになってしまいます。

そこで商品に差をつけるためにブランドという質を高めることによって、いくらでも付加価値を与えることができます。

 

質ばかり重要視した結果ダサい人が出来上がる

このような背景から、質を重視した接客が多くなり、そのため見た目はダサいけど実は高い服を着ているという男性が増えています。

結果

  • 大金をはたいて買ってもこの程度
  • ファッションはお金の無駄遣い
  • イケメン以外はオシャレしてはいけない

といっと湾曲を産んでいるのです。

 

質を否定しているわけではない

 

ブランドとか機能とかを全否定しているわけではありません。

もちろん、質も良さが見た目に影響を及ぼしている製品もたくさんあります。

例えば高級ニットは艶がうっとりするくらい贅沢で安物にはない存在感があります。

これは見た目にも明らかな影響を与えてきます。

しかし今現状、おしゃれに見られたいのであれば高級ブランドや、高品質な製品と言うのは無駄なコストです。

 

おしゃれに見せたいのであればまずは見た目から

今の服装がダサく感じているのであれば、今あなたがやるべきことは安くてもおしゃれに見させる服装を体得することです。

この方法は全身ユニクロや無印良品でもできます。

感覚的であれ、理論的であれある程度押されを理解してしまえば誰にでもできることなんです。

 

ダサく見えるのはアメカジに偏っている

なんか自分がダサいなと思っている人の特徴に

1系統に偏る

ことがあります。

一系統とは

  • アメカジが好きなら全身アメカジ
  • ストリートファッションが好きなら全身ストーリート
  • 全身大好きなA ブランド
  • スポーツウェアにスニーカー

このようなことを指します。

ダウンタウンの浜ちゃんやさまぁ~ずなどはこのようなファッションでちょっといいな、自分も今のファッションにしよう。

そう思うかもしれません。

もちろんそれ自体は否定しませんが、おしゃれかどうかという視点で見れば別の話です。

関連記事:即効でおしゃれに見せる服装はドレス7カジュアル3の割合が最適です

 

一系統に偏るのはユニフォームになる

 

全身ミリタリーウェアなら軍隊ですし、全身ドレスやテーラードとスラックスであれば礼服かオフィス服です。

街着はそうならないようバランスを取る必要があります。

これが街着の文化であり、おしゃれに見せるためにはミックスが大前提なのです。

 

日本人はミックスして着るという感覚をまだ体得していない人が多い

 

日本人はいまだに欧米のファッションセンスが体得されてない人が多いのです。

例えばスウェットパンツにテーラードジャケットを合わせたり、ミリタリーブルゾンにスラックスを合わせたり、日本ではあまり見かけないミックスをよくしています。

逆に日本人はデニムにはスニーカーとパーカーとか、スラックスには革靴とシャツと言ったように1系統で捉えてしまう人が多いのです。

街着とは1系統に偏らず、あくまでミックスする着こなしが前提となっているからです。

 

私服イコールアメカジとなっている

アメカジ自体は否定しませんが、生まれつき筋骨格が違う欧米人に比べて日本人が着こなすアメカジというのは、休日のおっさんの姿そのものになってしまいます。

これがスタンダードになってしまうと

  • ちんちくりんだったり
  • いい歳なのに子供っぽく見えてしったり
  • 垢抜けない人

このように捉えられてしまうわけです。

 

オシャレだなと思われるのであればアメカジはとても難しいファッションだと思っても間違いありません。

具体的にどうやったらお洒落に見せることができるのか?

オシャレは感性と言われていますが、実は法則性があるのです。

この法則さえ理解してしまえばあなたの服装はぐんとおしゃれに近づくでしょう。

次のページにあなたの普段着をオシャレに見せる方法の詳細について掲載いたします。

-メンズファッション

Copyright© 恋愛ヨミモノ , 2017 AllRights Reserved.