恋人を作りたい人、恋人ともっと発展したい人のための読み物

恋愛ヨミモノ

メンズファッション

清潔感のある服装であなたの普段着をオシャレにモテて見せるための大原則

投稿日:2017年6月13日 更新日:

自分には服のセンスがなく、休日の服装が致命的にダサいというコンプレックスを持っているということありませんか?

  • 毎日スーツや制服だったらどれだけ楽か…。
  • ファッション雑誌を見て自分なりに努力したもののイマイチ垢抜けない
  • マネキン買いしたのに何か変
  • 高級アパレルショップの服を揃えているのに自分が着るとダサい

まず一番大事なこと教えます。

あなたはメンズファッションでお洒落を構築する上で最も重要な要素はなんだと思いますか?

「高級ブランドの服を全身揃えること」

そう答える人はファッションについてあまり詳しくない人です。

関連記事:自分の服装がダサく見える2つの理由

 

大切なのはドレスとカジュアルのバランスです。

関連記事:即効でおしゃれに見せる服装はドレス7カジュアル3の割合が最適です

このドレスとカジュアルのバランスをしっかり意識して服装を選ぶようにすれば、太っていたり足が短かったり、スタイルが悪い人だとしても

「お、この人おしゃれだな」

と思わせることができてしまいます。

高い高級ブランドの服を揃える必要もありません。

 

ファッションでは叩かれがちなユニクロで全身を揃えたとしてもおしゃれと見せることができてしまいます。

つまりは、あなたを今まで苦しめていた

「何を買ったらいいかわからない」

ということがなくなり自分に似合う服を、必要なものだけ買えるようになるということです。

 

ドレスとカジュアルとは

 

ドレスとはスーツスタイルなどの礼装です。

アイテムで言えばテーラードジャケット、スラックス、ドレスシャツ、革靴、レザーバッグなど。

ギネスや冠婚葬祭などできるスーツを想像してもらえれば問題ありません。

 

カジュアルとはリラックススタイルのこと。

家でくつろぐ服装、ストレスなく過ごせるラフなスタイルです。

アイテムできればスウェットパーカー、色落ちしたデニム、スニーカー、Tシャツ、リュックなど。

近所のコンビニやスーパーに行く服装を想像してください。

関連記事:服装のダサい旦那と一緒に歩いて楽しくなる安くできる改造方法

 

ドレスとカジュアルのバランスをうまくとることがオシャレに見せる大原則

 

このドレスとカジュアル両者のバランスをうまくとることが、おしゃれに見せる大原則です。

例えばテーラードジャケットにスラックス、シャツに革靴であればそれは100%ドレススタイルになります。

 

これではビジネスや冠婚葬祭、パーティーで着る服であり街着のおしゃれとしては成立しません。

逆にパーカーにスウェットパンツにスニーカーであれば、それは100%カジュアルスタイルです。

 

地元でぶらぶら誰の目も気にせずママチャリで移動するのであれば良いかもしれませんが、同じく街着としては成立しません。

このドレスとカジュアルの中間に位置するのが街着なのです。

全身スーツでカッチリしすぎず、それでいてルーズに寄りすぎず、緊張感と余裕を併せ持ったスタイルこそメンズファッションにおけるお洒落だなと思わせる大験則のです。

関連記事:高い服でもダサく見えるのはラインが悪いから。抑えておくべき3つのおしゃれのルール

 

ドレスとカジュアルの具体例

 

例えば、テーラードジャケットにスラックス、革靴といったドレスのスタイルにスラックスではなくカジュアルアイテムであるジーンズを合わせる。

スウェットパーカーにデニム、スニーカーといったカジュアルなスタイルにデニムではなくストレスアイテムであるスラックスを合わせる。

 

このようなドレスとカジュアルのバランスをとり、緊張感と余裕を併せ持ったコーディネートを意識することが重要なのです。

なお、このコーディネートもバランスに関しては多くの著名デザイナーなども言い方は違いますが、同様のことを語っています。

人によってはあえて外すという言い方もあります。

 

日常で着るドレスとカジュアルのバランス

 

いまいちストレスとカジュアルのバランスということに理解できないという人もいるのではないでしょうか?

確かにドレスとカジュアルのバランスが大切だといってもピンとこないかもしれません。

 

実はスタイルに限った話ではなく、よくスーツを来ている男性がネクタイを外す仕草にセクシーさを感じるといいます。

これもドレスとカジュアルのバランスの同義なのです。

 

スーツ姿という、ドレスの雰囲気と緊張感のあるスタイルの中でネクタイを外すという行為がカジュアルに相当し緩和をもたらしているのです。

 

全身ユニクロだとしてもオシャレに見せることは十分可能である

 

このように、ドレスとカジュアルのバランスさえしっかりしていれば、たとえ全身がユニクロで揃えたとしてもこの人はオシャレだなと見せることができるのです。

「もしユニクロで全身揃えたらダサく思われてしまう。」

そう感じているのがあれば少し考えを正してみるのも良いでしょう。

関連記事:どんな服を買えばいいかわからない人へユニクロでも大丈夫

 

ユニクロにはドレスライクのテーラードジャケットもスラックスも、はたまた革靴だって売っています。

カジュアルに関しても、様々なカラーのデニムも取り揃えてますし、いろいろな人が着れるように様々なサイズも取り揃えています。

価格も割と良い素材を使っているのに、他のアパレルメーカーの半額以下で手に入れる事ができてしまいます。

 

ちょっと視点を変えたり、視野を広く持つことによって、ユニクロって意外とやるなぁと思えるようになるはずです。

ここまで理解できたあなたはきっとおしゃれのレベルが一つ上がっているのではないでしょうか。

 

では、具体的にどのようにドレスとカジュアルのバランスよくすればよいかという方法を紹介します。

-メンズファッション

Copyright© 恋愛ヨミモノ , 2017 AllRights Reserved.