恋人を作りたい人、恋人ともっと発展したい人のための読み物

恋愛ヨミモノ

恋愛心理

定番のデートスポットは心理学的にも良いその理由とは

投稿日:2017年5月13日 更新日:

デートも定番スポットと言えば

  • ドライブ
  • 遊園地
  • 映画
  • 暗めの飲食店

この四つが挙げられるのではないでしょうか?

 

とりあえずこの三つのどれかでデートに行っておけば割と失敗しないスポットです。

 

しかしなんでこの三つが未だに定番と言われているのでしょうか?

それには心理学的にも太鼓判を押す男女とも仲をより深くさせる効果があるからです。

 

遊園地が男女の仲を深める理由

 

デートの定番スポットの一つが遊園地です。

中でも相手と親密になりたいなら、お化け屋敷や絶叫マシン必須アトラクションです。

 

人は恐怖や不安にさらされた時、無意識に誰かと一緒にいたいという気持ちが生じます。

また強い恐怖を感じるとそれを性的な興奮と錯覚してしまう場合もあります。

不安定で恐怖を伴う場所では相手が実際よりも頼もしく性的にも魅力的な人物のように思えてしまうのです。

 

もしグループデートで遊園地に遊びに行った時は他のアトラクションはさておき、お化け屋敷と絶叫マシーンだけもお目当ての人と2人で入るように画策しましょう。

 

2人きりの場面ではたとえビビリだとしてもできるだけ頼りがいがあるようにポーカーフェイスに見せる努力をしましょう。

怖いところで平然として女性をエスコートしていれば頼れる相手と急接近できるかもしれません。

 

一緒に食事も仲を深める効果が

 

ちょっとしたデートに良い2人での食事は誰かと一緒に物を食べるという行為が人間の本能である食欲を満たす体験であるため、気分を良くしてくれる効果があります。

 

また、食事をする時はリラックスした状態になるので、相手のことを受け入れやすくなります。

ビジネスにおける飲み会なども接待もこのような方法を記載して行われるものです。

 

映画やバーなどやや暗い目の場所も仲を深める効果が

 

映画館や食事の後にはバーなどやや暗い目の場所や風土のある場所を選ぶと良いとよく言われています。

これは薄暗い場所は人間の警戒心を緩め心を開きやすくする効果があるからです。

 

心理学者が行った実験でも、その効果は明らか

かつて心理学者が行った実験で明るい部屋と暗い部屋に男女によってその要素を観察したものがありました。

明るい部屋に入った男女は離れて座り終始当たり障りのない会話を展開しました。

 

これに対して暗い部屋に入った男女は徐々に口数が減り気になった相手とお互いに距離を縮み始め触れ合ったりするようになったという実験結果があります。

 

このように暗い室内は普段の抑圧が取り払われ、羞恥心も薄れるカップルが甘い時間を過ごすには好都合な条件なのです。

 

定番のドライブデートはお互いの距離を近づける効果が

 

デートの定番といえばドライブでしょう。

 

この車の車内の中で一緒に過ごすということは、女性の場合、ドライブで狭い車内で都合人とは協調性が生まれ仲良くなることが実験で報告されています。

 

これはパーソナルスペース と関係があり、狭い車内で2人の時間を過ごすことは業者の中をより深める効果が期待できるのです。

 

このようにど定番ともいわれるデートも行動にも多数の心理的メリットが含まれているのです。

これらの心理テクニックを応用すれば十分な心理的効果が期待できるでしょう。

 

この定番デートコースはそれほど仲良くない人には逆効果の場合も

 

これらの定番のデートコースというのは。
あくまである程度中が良くてさらに関係を深めたい場合に役立つテクニックです。

 

ですからそれほど仲良くない場合にいきなりこのようなデートコースに誘うというのはまだ時期尚早です。

相手に警戒されてしまいまいそもそも誘いにのってくれないということだって考えられます。

 

お目当ての人ともっと仲良くなりたいという場合はまずは

熟知性の原則や単純接触効果の心理テクニックを行い友達以上の関係になることをお勧めします。

 

心理テクニックも使うタイミングを間違えてしまっては効果が期待できません。

ここぞという時に使うようにすればより最大限に効果を発揮してきますので、まずは焦らず関係を良くするためのテクニックで少しずつ使うしましょう。

-恋愛心理

Copyright© 恋愛ヨミモノ , 2018 AllRights Reserved.