恋人を作りたい人、恋人ともっと発展したい人のための読み物

恋愛ヨミモノ

恋愛心理

話し下手でも相手に好かれるたった2つの会話術

投稿日:2017年4月20日 更新日:

自分には面白い話をする才能がない
自分が話すと相手をしらけさせてしまうこともよくある
よく人とお話ししていると話の腰を折ってしまい空気を悪くしてしまうことがある。

 

恋外に置いてトーク術と言うのは必須の力です。
しかし普段女性と話す機会がないような職場だったり
ほとんど女性と話したことがない
話に自信がないなんて人多いのではないでしょうか。

 

私もお世辞にも人と話すのは得意ではありません。
明石家さんまさんだったり他のお笑い芸人のマシンガントーク力が正直うらやましいと思ったりしています。

 

自分もこれくらい楽しませるようなトーク力がないと恋愛はうまくいかないのかも

そう思ってしまいますよね。

ですが自分の話が極端につまんなくても大丈夫
ポイントは相手の話を聞く態度そして意外な長所を褒めるこの2つだけ。

 

これさえマスターしてしまえば初見の相手でも苦手だなぁと言う人でも
口説きたい相手がいたとしても
簡単にトークが進むことができてしまうのです。

また、あなたに対して
好感触を抱くことも間違いありません。

話し下手でも聞くのが上手ければ会話は盛り上がる

話し上手は聞き上手。
人と親しくなってより深い話をしたいと考えうなら
自らの話術を磨く前にまず聞き上手になることです。

 

聞き上手と言っても
話の内容をよく理解できる
と言った意味でももちろんありません

話相手が気持ちよく話ができるようになるための気遣いができる人ということです。

 

聞き上手になるための基本は
感心した心情とともに、「なるほど」
と相槌を打つことです。

どんな人も自分の話を真剣に聞いてもらえるというのは嬉しいもの。

話に熱心に耳を傾けているということが具体的な態度で伝われば気持ちよく話を続けてくれるでしょう。

「そういうことですかさすがですね」

と感心したりすると相手の満足度は格段にアップします。

 

話の要所要所で相手の目を見て頷くことも
自分の話を本当に熱心に聞いてくれるという印象を与えます。

相手はあなたに好感を抱き
もっとこの人にとって有意義な話をしたい
とモチベーションも上がってくるはず

その心地よい感覚は記憶にも残るので相手にはまた会って話したいと思うようになるのです。

話し下手がよくやってしまう口癖「いや」「でも」これが相手を不快にさせている

逆に敬遠されてしまうのがでもとかいやとかなどの否定的な言葉です。

会話中に「いや」「しかし」で話の腰をおられると相手もいい思いはしません。

 

目上の人間がすごい嫌だなと感じることってありますよね。
思い返してみて下さい
自分の意見に対して目上の人は大抵の場合否定的な意見を述べていませんか。

いやそれは違う
しかしなぁ

こんな言葉を先に言われて
自分の意見が真っ向否定されているわけですから
何か嫌だなぁと感じてしまうのも仕方ありません。

 

逆に目上の人自分より立場の上の人から
ああなるほどそうだよね
あーなるほどね
わかるわー
と言ってくれると
自分と対等の立場で話を聞いてくれる
自分のこと認めてくれると思いますよね。

 

たいときは脳内にクエスチョンマークが浮かんでも「でも」という言葉はぐっと我慢しましょう。

どういうことですか
それでどうなったんですか

と質問挟むのも熱心さは伝わるものです話相手のペースを尊重するという意味では微妙

話す内容が分断され 相手は話したいと考えていたこと飛ばしてしまうこともあり得ます。

 

ここはやはり
なるほどそういう事なんですね
とうなずいておくのが一番です。

否定からはじめる口癖改善方法

口癖というのはなかなか改善が難しいもの。
自分の会話を客観視してみると
否定からはじめる言葉が多いんです。

 

特に男性。
いや?とかでもさあとか
そんな言葉真っ先に使いがち

口下手で話すのが苦手ならせめて否定から入るような口癖は改善すべきです。

 

ですが会話学校やモテスクールに行けというわけではありません。

否定からはじめるのを同意からはじめるマインドに切り替えるだけ。

オススメの方法はラジオの相談コーナーの拝聴。

 

ラジオの相談を意識して聞いてみて下さい
どんなリスナーの意見でも否定されるという事はないんです。

 

これはラジオの公共電波で一人に対して否定するという放送倫理があるから。

例え否定的な意見でも
なるほどそういう意見もあるんですね
と相手を認めるテクニックが盛りだくさん

 

普段の人間関係も否定から入る会話が多いと自分も同じように染まっていきます。
モテない人間がモテない人間同士で集まるのはそういう理由があるから。

ラジオ相談コーナーで自分がDJになったつもりでシュミレートしていくと
自然と否定から入るような口癖から脱却できますよ。

褒め慣れている相手にグッと引き込む口下手でもできる方法は影の部分を褒めること

〇〇さんはカワイイね
〇〇さんはいつもキレイだね

10人が10人文句無しに認められることであれば人はそれについて褒められることに慣れています。

特に普段から可愛いと評判の人は
褒められることに慣れていて
褒められればもちろんうれしいけれど
正直感激は薄いと言うのはある意味仕方のないことでしょう。

 

このような褒め慣れている人に
一般的な褒めるワード使用したとしても
あなたに好感触を抱くということもあまりないのではないでしょうか

 

しかし自分なりのこだわりはあるものの
地味だったりわかりにくかったりして
あまり知られてないことに反応されると心からびっくりしてしまうもの。

 

驚きのあまり
反応した相手を見る目が変わり
その人に対する信頼感が一気にアップすることも

前以上に重視するようになったり
ここでは言わないことを話してくれたり用途になったりします。

このやり方は職場でも家庭でも恋愛でも有効な人心掌握術です。

 

しかし相手の知られざる美点なんてわからないよという人もなかにはいるでしょう。

その場合相手が周囲の評価を集めていることに関連したものに注目。

高い評価を得るためには人にない努力が必ずあるはず。

それを指摘して大いに関心すればいいのです。

 

例えば普段から明るくて笑顔が素敵な人
こんな人に笑顔が素敵ですね
といっても同じように口説いている人というのはごまんといるでしょう

そこであなたが言うべき褒め言葉は
いつも苦労しているのに笑顔で我慢しているんだね
ちょっと毒のある褒め言葉を使ってみるのも1つの手です。

 

人間生きていれば1つや2つ苦労はしているはずです
しかも常に何かしら悩みは持っているはず。

そんな時に苦労しているという毒を入れてあげればこの人は私の事もしかしてわかってる
影の苦労を知っていてくれている
と思ってくれるわけです。

 

そんな難しい言葉ではないはずです。

別に口説くくどくないと言うのは別として
話しやすいパートのおばちゃんにでも練習台として行ってみるのも1つの手です。

 

いきなりお目当ての子に言うのは難しいかもしれませんが
バイト先のパートのおばちゃん
家族、同性の友達
とにかく場数を踏んで練習をすれば自然と口から出るようになるはずです。

 

マラソンを完走するには練習あるのみとにかく走ること

言葉も同様で数稽古が必要になってきますのでそこは頑張っていきましょう

-恋愛心理

Copyright© 恋愛ヨミモノ , 2018 AllRights Reserved.