恋人を作りたい人、恋人ともっと発展したい人のための読み物

恋愛ヨミモノ

恋愛心理

彼女の怒りを瞬時に沈める心理学を用いた3つの方法

投稿日:2017年3月17日 更新日:

恋愛において理不尽なことにぶち当たることもよくあります。

 

彼女に対し、思いもよらないことで怒りを買ってしまうことがあります。

毎回毎回この怒りを鎮めるのに大げんかになったり別れる別れないで一悶着あったりと
正直なところもう喧嘩なんてこりごりだ
そう思っている人も多いのではないでしょうか。

 

彼女が怒ってしまうのは仕方ないにせよ
いかにその怒りを早く鎮める方法は無いのだろうか
実は心理学を用いた三つの方法があるのです。

 

この方法を行えば彼女が仮にブチ切れたとしても
傷を広げることなく、速やかに怒りを納めさせることができるはずです。

怒りを鎮めるのであればとにかく落ち着いたトーンの声で対応すること

彼女を怒らせてしまった場合、
当然ながらとにかく事態を長引かせないこと
可能な限り早い段階で相手の怒りを鎮めることが重要になります。

 

そしてそのためにはできるだけ慎重に丁寧に怒りを扱ったほうがいいです。

 

まず、こちら側に非がある場合はその点をしっかり謝罪し、
相手の気持ちが落ち着くまで
とにかく怒りに粛々と耳を傾けるようにしましょう。

 

この時、下手に言い訳をすると
余計に怒りに油を注ぐことになるので
ただひたすら謝罪しながら相手の話に耳を傾けます。

 

もちろん黙っているだけでは無く、
話に納得していることを伝えるための相槌は
適度に行いましょう。

 

大切なのはできるだけ深刻な面もちや話し方で接すること。

相手が激怒している時は特に低く落ち着いたトーンの声で対応することを心がけると
彼女の怒りを納めることにつながります。

 

これは人間が相手の声のトーンに自分の声のトーンを無意識に合わせようとしてしまう
心理的作用を応用したもの。

ブチ切れた彼女も声というのは低くズーンと響きますよね。
このトーンであるあなたも話すようにしましょう。

 

逆に興奮状態にある相手に対して動揺して高い声などで回してしまうのはNG
相手の興奮にさらに油を注ぐことになってしまいます。

犬や猫の喧嘩みたいにキーキーワーワーって、生産性がありません。

とにかく、いくら謝っても口先で適当に応じているのが伝わってしまえば元も子もありません。

 

反省の色が見られないと相手を憤怒させかねませんし。
この人はダメだと見限られてしまうことも考えられます。

ピンチの時は共通の目上の人にお願いする

謝っても自分の力だけではどうしようもない

付き合っているとそんな事も一度や2度はあるはずです。
そのような時は双方の目上の人に乗り出してもらうのが事態を早く収束させる有効な方法になります。

 

例えば会社であれば双方で尊敬できる先輩
共通の友人で人間がよくできている人
最終的に家は両親という手もあります。

 

このように第三者に乗り出してもらうという事実はあなた個人のみならず
これが深刻な事態だと受け止めているという姿勢を相手に印象づけることができます。

 

怒りの中には面子を潰されたという思いも含まれているので
その埋め合わせに目上の人の登場というのは打ってつけなのです。

普段はちょっと面倒な目上の人ここでは、存在そのものが価値。
そこまで反省しているのならと、相手の怒りも和らげることができるでしょう。

 

いずれにしても、真摯な態度を示せばいずれ怒りはおさまってきます。
最大限事態を深刻に受け止めている事が伝わるよう、体を早期解決を目指しましょう。

怒られそうな悪いニュースは先に伝えておく

この話、報告したら絶対怒られるよなあ

同棲している彼女に黙って高い時計を買ってしまった
同期とノリでキャバクラに行ってしまったなどなど

悪い知らせよりは良い知らせの方が望ましいのは当然のことです。

 

伝える側もい知らせは少しでも早く伝えたいと考えるものですが、悪い知らせの時は気が重くスタイルの躊躇してしまいがちです。

しかし、速やかに彼女に伝えるべき悪い報告は結果的に信頼も厚くなることにつながります。

 

もちろん彼女も人間です。良い知らせの子を聞きたいに決まってますが、悪い状況に陥ったときはそれにできるだけ早く対処しなければなりません。

一刻も早く彼女に報告すればその分彼女にも対処考える時間がある生まれますしよく正直に言ってくれたとのちのちの評価する心情になってくれます。

 

逆にいい報告は早くアナウンスも大きいのに、悪い報告が遅れればなんで今まで溜まってたの?と激怒されることにも繋がりかねません。

悪い知らせは気が進まなくても、一刻も早く伝えるようにしたほうが彼女の怒りも小さく済むはずです。

-恋愛心理

Copyright© 恋愛ヨミモノ , 2018 AllRights Reserved.