恋人を作りたい人、恋人ともっと発展したい人のための読み物

恋愛ヨミモノ

恋愛心理

席選びの場所で分かる相手との親密度

投稿日:

恋人同士で座る椅子の位置とビジネスに置いて座る椅子の位置
実は恋人とビジネスでは違う意味合いが含まれています。

会議や打ち合わせで席に座ること
そんな何気ない動作でもその人の性格が出たり
打ち合わせの相手との距離間が分かります。

 

また何気なく席選びが多い中で座る場所
真ん中に座る人はリーダー気質が強い人
そんな人がどのような人物なのか知りたくは無いですか?

今回は席選びでわかる相手の心理状態について解説します。

席選びで人間関係が明確に

座る席を自由に選べる会議などの場合相手が自分とどういう位置関係に座るかで自分に対する親密度などを図ることができます。

例えば相手が自分とテーブルの角をはさむように座った場合
その人はあなたと同じような意見を持っている敵対している意識がない事が伺えます。

 

恋愛においては対角上に座ると言うのはあまり良くない座り方と思いますよね。

しかしビジネスシーンにおいてはお互い対角で座ると言うのは良い距離感の座り方なのです。

 

距離的に近く広げた書類などが触れ合うような位置につくことを、いとわないということでかなり親近感を持っていると考えられます。

この位置だと相手の目を見て打ち合わせもできることができ視線をそらして別のところも見るのにも便利。

 

つまり近い距離交流しながらもお互い最も自由度の高いリラックスできる位置関係ということがいえます。

もしビジネスの場で決定権を持つ人間同士座るのであれば体格同士で座ることをお勧めします。

逆に対面同士座るのは反対意見敵意の表れ

恋人同士であれば対面で座ると言う事は疑いの関係が良くなる座り方です。
しかしビジネスにおいては対面で座るという事は実は警戒心のあると言う心理状態が働いています。

 

また相手が向かい合って座った場合相手はあなたのことをあまり親密な存在と見ていないと考えられます。

 

逆に会議では反感や敵の感じられる意見を述べたり議論することもあるでしょう。

向き合うことはそういう心理の働く位置どり
席を選ぶときはそうしたポイント押さえておきましょう。

位置どりで分かる人の性格

好きな席に着くことのできる会議で自分からテーブルの中央に座る人はリーダー意識の強いタイプです。

もし恋人が好きな席に座るのを選ぶとき
真ん中に座りたがるような人はリーダー気質があるということです。

 

全体を見渡せる場所を選ぶのは集団の中でも中心にいたいと考えるためです

こうした人は会議以外の場でもやはり中央の席がお気に入り。

とにかく真ん中にいるのが落ち着くのです。

 

また長方形にぐるりとテーブルが並べられている場合
リーダー史実の人間同士であっても長い辺の中央短い辺の中央に座るのでは違いがあります。

長い辺の中央に座る人は全体の人のつながりや積極的な意見交換を重視するタイプ

長い辺の中央からは会場全体が見渡せ参加者一人一人の顔の確認反応の把握がしやすいのです。

 

できるだけ多くの人に発言させたいと考えているリーダーにとっては
異なる意見を汲み取って議論させたり同じ意見をまとめるのに好都合な位置どりで
会議自体も活発になります。

 

この位置どりが好きな人と言うのは人の意見を聞きながらまとめたいと言う懐の深さがあると言っていいでしょう。

対して短い辺の中央に座るリーダーは全体を見渡すこと以外に自分が注目を浴びる立場にあることを強く意識しています

リーダーのペースでメンバーを引っ張り1つの結論を早くまとめる場合はこういう人が適任でしょう

このようにリーダーの座る位置で会議の方向性も変わるというわけです。

こういう人はどちらかと言うとワンマンタイプ
自分の意見が通らないとヘソを曲げてしまったり
機嫌が悪くなったりしまう場合もあります。

-恋愛心理

Copyright© 恋愛ヨミモノ , 2018 AllRights Reserved.