恋人を作りたい人、恋人ともっと発展したい人のための読み物

恋愛ヨミモノ

恋愛心理

好きな人なのに意地悪したり悪口を言ってしまう心理状態

投稿日:2017年2月19日 更新日:

試験勉強中やらなくてはいけないと思っていてなぜかやってしまうおかしな行動ってありませんか?

「あー試験まで時間がないのに」

と言いつつ机に向かい勉強をすればいいのに、なぜか周辺の掃除をし始めてテスト勉強どころではなくなっているという状態。

ほとんどの人が一度は体験しているはずです。

 

 

なんであんなことしていたんだろうと冷静になって思うといつも不思議になりますが毎回テストもたびに掃除したくなるというのも不思議なものです。

この経験というのは似ているものはダイエット。

ダイエットも「やらなきゃ頑張らなきゃ」と意気込んでいればいるほど食べ物に目がいくようになってしまい、ダイエットどころではないなんていう状態も経験ありませんか?

 

 

恋愛だって同様です。恥ずかしくて相手に直接好意を伝えるのは難しいですが、なぜか相手の事をけなしたり馬鹿にしたりというような方法をとってしまい自己嫌悪に陥ってしまうことだってあるはずです。

 

 

 

こんな人間の不思議な行動。

実はこのような行動というのは心理的に意味があるから行っているのです。

 

 

テスト試験中に掃除をしてしまう好きな人に悪口を言ってしまう謎の行動の心理状態

普段は他の人以上に掃除や片付けに無頓着なのに、重要な試験前やプレゼンなどは近づくとおもむろに机を整理し始める人っていますよね。

机の整理だけだったらまだ問題はありませんが、部屋全体の掃除までやってしまい、本来やらなくてはいけないことをおざなりにして違うことに集中してしまう行動。

本当にあれって不思議ですね。

 

 

こういった行動と言うのはセルフハンディキャップと呼ばれるこちらの行動。

言葉の通り自分で自分にハンディをかすというものです。

その心の奥底では迫りくる仕事や試験に対する畏れ自信のなさが横たわっているからなのです。

 

 

結果がうまく残せなかった時、「自分は試験のときに掃除をしていたからダメだった、漫画を読んでいたからダメだった」と、傷ついたり落ち込んでしないように、自分自身を納得させる材料を事前に用意しているからなのです。

 

 

恋愛においても、好きな人に意地悪をしたり悪口を言ったりしてしまう人っていますよね。

これもセルフハンディキャップの心理状態。

告白して失敗した時に自分は相手に対して嫌味や悪口をしていたから振られてもしょうがない。

そういう心理状態が働いているからなのです。

 

 

でも本当に好きだったら相手を傷つけることって良くないですよね。

自分の気持ちをごまかさずに、好きという気持ちをストレートに伝えた方が相手にも素直に伝わるはずです。

このまま自分の自尊心を守るために好きな人に好きって言えずにモヤモヤするほうが後々つらくなりますよ。

自分のことどう思っているかは相手の表情を見て好意を調べてみましょう。

表情で読み取る相手の心理状態を知ればつまらないデート対策もばっちり

 
会社において後輩や部下がセルフハンディキャップを始めたら、冷たい目で見る、さりげなく直前にやるべきことを具体的に指示、アドバイスしてあげましょう。

意思は弱めですが、基本的に真面目な人が多いので、うまくいけば感謝して、今後あなたの力になってくれるはずです。

 

 

うっかりミスが度重なるわけ

うっかりしていてつい書き間違いをしたり読み間違いをしたりするのは誰しもがあることです。

ですが。そんなうっかりしたミスが多く繰り返されるようになるとそれはまた別の意味を帯びてきます。

 

 

普段はそこまで忘れ物はないのに好きな人のことを考えているとノートを忘れていたり教科書を忘れてしまうこんな事が多く出てしまうこんな状態です。

心ここにあらずといった状態。

意識的に何かをしようとした時妨害する意図が無意識に作用して、その結果ここまる構造をしてしまう。

これは心理学上では錯誤行為と呼ばれています。
書き間違いや聞き間違いは、本人が気づいていない本当の願望の表出でありこのようなミスの多い人は抑圧されて日々葛藤している。もしくは自分の本音から目をそむけ自分を自分で騙している状態なのかもしれません。
このようなことが続くようであれば一度自分の内面を見つめ本当にやりたいことを認めてあげることが必要です。

 

 

同じようなことでも逃避願望というものがある

似たような状態でさっき見ていた資料が見当たらないと言った場合の飽きたということが考えられます。

物事を忘れるということは物事に対する注意力が散漫集中力を欠如した状態で起こりやすくなるものです。

そこには嫌な事から逃げたいという逃避願望が潜んでいるのです。
よくあることが試験が終わった後にパーッと遊びたくなるということってありますよね。

それというのも今まで辛かった勉強や試験のプレッシャーによって自身の注意力や環境の変化によるストレスによる逃避願望が溜まっていたからなのです。

 

 

普段の生活が充実していれば自然と集中力は高まって行くので物忘れはおのずと減るので安心してください。

セルフハンディキャップ同様、まず頭皮願望の原因はどうしたら取り除けるか考えてみるようにしましょう。

-恋愛心理

Copyright© 恋愛ヨミモノ , 2018 AllRights Reserved.