恋人を作りたい人、恋人ともっと発展したい人のための読み物

恋愛ヨミモノ

恋愛心理

他人から評価を下げてしまう2つの口癖

投稿日:2017年2月17日 更新日:

言葉というのは太古から言霊とも言われており発することによって前向きな力を得たり逆に人を不幸にさせる力もあるとされています。

 

 

普段使われている言葉で何気なく自分で発しているその口癖もしかしたら他人から評価を下げてしまっている場合があります。

仕事や勉強も頑張っているしそれなりに努力もしていると自覚もあるだけど、思った以上の成果も得られないし評価もされないそんなことってありませんか?

もしかしたらあなたも普段から行っている口癖が自己評価を下げさらに他人からも評価も大幅に下げているかもしれません。

 

 

言葉だけでそんなに変わってしまうの?

 

 

そんなふうに思ってしまいますよね。

言葉とは不思議なもので、自分はできる自分はやれると鼓舞するように奮い立たせることによっていつも以上の力を出すという効果もあるのです。

これはオリンピックの選手でよく使われている方法で良い意味でのマインドコントロール

潜在意識を引き出す方法として用いられているのです。

 

 

自分はできる
自分はやれる
ありがとう
愛してる
大丈夫なんとかなる
絶好調

 

 
このような口癖を多用するような人というのは結構魅力的だったりします。

ですが、その逆もしかりなんです。では他人からの評価を下げてしまう悪い2つのよくある口癖これを紹介します。

日常で使いがち、もし多用しているかも…と自覚があるなら自重する言葉になります。

 

大変だった

「いやー今回の仕事大変で大変で」

 

 

自分が関わった案件にまつわる苦労ばなしを好んで話す人っていますよね。

聞く側からすると内心それほどのことかと相手の経験値と能力、客観性のなさに苦笑いする事も少なくないでしょう。

 

 

このように苦労ばなしを好き好んでしたがる人というのは、総じて自分の実力を過大評価しがちな人。

忙しい自分ってすごいだろ!もっと私を見て!評価して!とアピールしているのです。

大変だったけど無事やり遂げることができた、難しい局面を乗り越えた、と語るうちに実際以上にハードな内容の事だったような気になり、それをこなした自分の力量自体も過大評価してしまいがちなのです。

 

 

多少なりとも自分は大変だと言いたがる自覚がある人は今後は意識してそうした会話を抑えることをお勧めします。

ただ、それがストレス解消となっていることも多いので無理のない程度で。

 

 

例えば話す相手を変えるどうでもいい飲み屋に行って自分の小話を切ってもらうのであれば自己評価を下げることはないでしょう。

くれぐれも好意のある相手や同僚に自慢げに話すことは控えた方が自己評価を下げることになりますよ。

 

 

男女の関係でよあるあるのが男性の「大変だった」自慢ですよね。

「またかよ…うざいなぁ」

と言う気持ちはすごいわかります。だって自分も大変ですもんね。なんで一々苦労話、しかも聞けば大したこと無い内容って思いますよね。

しかしそこはぐっと我慢、内容は聞こうが聞くまいがかまいません。

「○○さんって苦労しがちだけどいつも頑張ってるよね」

ある程度話した後にこの言葉を言えば相手は必ず満足してくれます(笑)

 

 

時間がない

どこにも1人は居るのが何時話しても時間がないと忙しそうに動きますているできますよね。

 

 

仕事のやり方を変えたほうがいいのと周りの誰もがそう思われていたりとその人の忙しさと評価が必ずしも一致しないというのもそうした人の特徴です。

このような人は多くのことに首を突っ込みたがるものの巧みに取りますもう力があるわけではないためそれぞれの仕事運びは当然のことながらおざなりになりがち、結果的に携わった事案は全て中途半端な状況にならざるを得ないのです。

 

 

だからといってそんな人に時間があればいい結果を納められるかというと必ずしもそうではありません。

実はうちも時間がないと言う口癖の人は、各案件について熟考することに慣れておらず、自らの能力も把握できていないということが多いのです。

 

 
「忙しくてそれどころじゃ」

 

 
と仕事にじっくり取り組むことから逃げ、いつしか仕事も結果よりも手帳に予定をぎっしり詰めることを目的としまっているので、時間の有効活用ができないのです。

つまりはこういった人達は時間がないというのは自分が居心地のいい環境だったりします。

特にいますよねスケジュール帳に予定はびっしり詰まっているような人。

 

 
この人、社会人じゃないのになんでこんなに予定がいっぱい入ってるんだろう…?と不思議に思うような予定の多さ。

このような人達は自分が暇になることが怖いという心理もあるのです。

つまりは暇ということは、自分に価値のない存在と思ってしまうところが根っこにあるからです。

 

 
しかし、このような人達にも良い部分があるのは認めてあげるべきです。

いろんなことを見首を突っ込んでいるので顔は広いですから、意外なコネクションを持っており、これが思いがけない成果を導くこともあります。

必要以上に忙しそうに振舞うのは、そうした自分を認めてもらいたいからなので、仕事をお願いするときは「忙しいところ悪いんだけど…」とまずその人に敬意を払ってあげると円滑に進めるでしょう。

また恋愛においても「○○さん忙しい中会ってくれてありがとう」と言うと相手も喜んでくれるはずです。

 

-恋愛心理

Copyright© 恋愛ヨミモノ , 2018 AllRights Reserved.