恋人を作りたい人、恋人ともっと発展したい人のための読み物

恋愛ヨミモノ

恋愛心理

人付き合いや恋愛において気をつけておきたい嫌われる三つの口癖

投稿日:2017年2月16日 更新日:

恋愛を含め、人付き合いに置いて会話によるコミニュケーションというのは必須な行為です。

その会話の中で人によっては出てくる口癖。

この口癖によって、その人がどんな性格なのかということも実はわかってしまうものなんです。

 

 

自己顕示が強かったり保守的だったりしっかり効いているようで割といい加減だったりと様々。
人間は万能というものではありませんので、その人の個性として認めてあげればわりとどうにでもなること。

しかし、口癖の中にはこの人は要注意という。言葉もあるのはご存知でしょうか?

 

 

見た目はニコニコといい人そうでとてもフレンドリーに話しかけてきて、あ、この人はいい人なんだなと一見的に思う人もいるでしょう。

ついつい心を許してしゃべってしまいがちですが実はその人の口癖の裏にはとんでもない性格が隠されているかもしれないです。

 

 

 

実際私もそれで痛い目をみたことがあります。

見た目はとてもいい人でこちらの話を親身に聞いてくれる

1時的に自分も傷心ていたことがありその時にすっと入ってくる一言いい人に思えることはありません。

しかし、ついしゃべってしまったことは後々とんでもない噂になり、色々に大変だったということもあるのです。

 
では、どのような口癖が要注意なのかよくある三つの口癖について紹介します

 

ここだけの話

打ち明けばなしや悩み事などを持ちかけるのは、自らをオープンにすることで相手ともっと親しくなりたい深く付き合いたいという気持ちが心の奥底にあることが多いいいものです。

これを心理学で自己開示の返報性といいます。

もちろんこの行動には自分の情報を伝えることであなたの情報を開示してほしいと暗黙のうちに相手に促すという性格もあるのです。

 
無意識にでも自己開示の返報性を求める人が使いがちなのはこの「ここだけの話」という言葉なのです。

親交のある人からされる「ここだけの話」は自分への信頼を感じて嬉しくなるものです。

それをきっかけに、実は私も自分のんも同様にプライベートな話をして、両者の距離がさらに近づくことも。あります。

もしこの人とよい関係になりたいのであれば相談事を持ちかけるというのは一つの恋愛テクニックです。

特に女性の場合、お目当ての人に相談を持ちかけてみましょう。

その後話の中に「ここだけの話」なんだけど…と自分の実情を話すという方法。

本質は自分の実情を聞いてもらうのではなく、相手との距離を近づけるということです。

「実は俺もね…」と行くと距離はぐっと近づくでしょう。

 
逆にそれほど付き合いのない人からこのようなここだけの話なんて言葉が出ると驚く人あ少なくないのではないでしょうか。

むしろ胡散臭いと思ってしまいますよね。
かなり立ち入ったことを聞かされれば自分との温度差にドン引きしてしまいますし。ここだけの話がある人もうわさばなしだったりすると可愛いによっては相手に不信感すら抱いてしまいます。
こういったここだけの話と言う口癖の人は実はあのさあレベルで話している人がいますが、今日つけたほうがいいでしょう。

 
また、それほど悪意はないにせよ、相手の持っている情報を引き出す手段として、ここだけの話という言葉を持ちかける人もなかにはいるのです。

男性なんかは一度や2度経験あるのではないでしょうか。ちょっとキレイな子にここだけの話と持ちかけられ、ついつい自分のことも多く語ってしまったという経験。

自分のことついつい語りすぎてアート大後悔したこともあるでしょう。特に女の子が集まるお店とか…意外なここだけの話の話し手にはできるだけ冷静に聞き手に徹しておくことをお勧めします。

 

だから

人の相談事を聞いていたはずなのに。佳境に入ると強引に話に割り込み、話の主導権をとりたがる人というのがいます。

「だから結局お前は○○なんだから」なんてよく言う人いますよね。

その人のペースにすっかり乗せられ気づけば、一座の全員が庭の良い聞き役に不消化感でその人以外は不満を抱いたまま帰宅ということも少なくありません。

 

 

そんなだからという言葉を口癖の人は自己中心的な考えが大好きな人ということです。

他人の話しの腰を折っては会話の流れを自分に引き寄せたり、求められてもいないのに異なる意見を無理やりまとめたかったりするのが特徴です。

 

 

だから以外にも、ていうかとかぶっちゃけとかも該当しますね。
このだからという口癖が多い人は、基本姿勢が傲慢で身勝手なので仕事でもトラブルメーカーになりがちなので、できるだけ適度な距離を心がけましょう。

 

意外と

人に迷惑をかけるという意味では意外とという言葉を多用する人も要注意です。

「ここのカレー意外とうまい」とか「この人意外とかわいいね」とか

文字通り、意外性を示す言葉がお気に入りです。

 

 

 

 

このような人の心理は言葉通りイレギュラーなことはあくまでも好奇心を煽られる面白いものと考えているのです。

堅実な人にはその感覚がストレスの元となるかもしれません。

このような人は口癖が絶対とか確実と言う人とは水と油の関係相性は最悪でしょう。

 

 

 

このような「意外と」を多用する口癖の人は自分は人とは違う意見を持っている人というのをアピールしたい証拠

ですから「○○さんて他の人とは違う個性があっていいですね!」と褒めてあげるととても喜んでくれます。

-恋愛心理

Copyright© 恋愛ヨミモノ , 2018 AllRights Reserved.