恋人を作りたい人、恋人ともっと発展したい人のための読み物

恋愛ヨミモノ

初デート

気軽に初デートに誘うなら昼のランチがおすすめ。顔見知りから誘うまでの方法とは

投稿日:2017年2月3日 更新日:

気になる人ともっと仲良くなりたい、近づきたいと考えていてもいきなりデートに誘うというのは、ちょっと躊躇してしまいませんか

 

 
友達未満の関係で相手のこともあまり知らないけどこれから仲良くなりたいという中途半端な状態の関係
そんな人といきなり遊びに行きましょう。デートしましょうというのも何か違うのと感じますよね。

 

 
実際そんなに仲良くない人にデートしてくださいと言うのは高い確率で失敗してしまいます
私は直接玉砕でデートに誘ったことがありますが
あなたのことよくわからないしとはぐらかされてしまいその人とはそれ以上の関係になることはありませんでした

 

 
考えても見ればいきなり素性も知らない人間から遊びに行きましょうと言われてホイホイついて行くというのもおかしな話ですよね。
相手の立場からしたらそれについて行くのは相当尻が軽い人だと思われるのも嫌だったかもしれません。
その点については反省しています

 

 
ではどうしたら友達未満の人ともっと仲良くなるためにデートに誘うことができるのでしょうか?

 

 
実はデートと言っても遊園地に行ったり映画を見に行ったりするだけではありません
仮にその時間が30分だったとしてもOK と考えれば実は簡単だったりします。

 

 
それはお昼のランチを一緒にしませんかというお誘いをすること
私の経験上これが1番成功率が高く何よりも自分が傷つかず再チャレンジできて自然と相手と仲良くなりやすいというメリットがあるのです

 

 
一番辛いのは勇気を出して誘ったのに断られてしまって傷つくことですよね。
自分は一大決心して言った言葉があっさりと返されてしまうとグサリと心に響くものです彼は辛いですね。
しかし、ランチに誘うくらいであればそんな雪の量も少なく失敗したとしても気づくこともあるという。メリットもあるのです。

 

 
では何で昼のランチがおすすめなんでしょうかそしてどう誘ったらいいかという方法アドバイスします。

 

 

お昼のランチを誘うメリットは警戒心が少ないから

お昼のランチを注ぐというメリットは特に女性に警戒心を持っテもらうことが減るからというのが大きなメリットです。

 
相手のことがよくわからないのに遊園地に行ったりドライブに行ったりするというのは相当気も遣いますし何されるかわからないという恐怖も実はあったりするのです。

 
「自分はそんなことしないし、真摯に対応するよ」

 
普通は思いますが見ず知らずの人間といきなり仲良くするほど人間はよくできていません。

 

 

 
ですから、あなたが傷つくことはないんです。

 
またランチ程度のデートであれば女性としても安心できますしとりあえずランチくらいなら付き合ってもいいかと心に余裕を持たせることができるのがメリットですね。

 
デートというとちょっと重苦しい感じがありますが、お昼のランチを一緒にするくらいであれば、デートという重苦しいイメージも払拭されて誘いやすくなりますし、誘われやすくもなるのです。

 

お目当ての相手とのランチの誘い方

まだ一度も話したこともないような人とランチのお誘いをするのはまだ準備段階が足りていません。

 
いきなり見ず知らずの人に「お昼ご飯行きませんか」

 
そんなふうに言われて首を縦に振るような人はそうそういません。

 
芸能人や有名人そんな人なら例外はありますが、まずないといっていいでしょう。

 

 

 
まずやらなくてはいけないのはそれなりに顔見知りになってひと言ふた言会話ができる関係を目指しましょう。

 
顔見知りになるまでの準備段階ができていないのであればまず真っ先にやることそうしなければいつまでたってもデートに誘い出すことはできません。

 
まずはお目当ての人に顔を知ってもらうというところから始めましょう。

 

 

 
簡単なのは目を合わせてにこやかに笑い、挨拶をする。

 
初めてこそこんにちはとかおはようございますたけでいいです。

 
これなら口下手の人でもできますよね。

 
初めてこそ相手はいきなり挨拶をされてびっくりしますが気持ちのいい笑顔の挨拶をされて悪いイメージを抱く人はそうそういませんから安心してください。

 
あなたの自信を持った笑顔で楽しそうに相手に挨拶をするたったそれだけ

 

 
「自分の笑顔に自信なんてなかなかないよ」

 

 
そんな人は家で鏡に向かって満面の笑顔を作り、挨拶の練習をしてみましょう。

 
恋人を作る以外にも、人生において様々な役にたちますので持っておいて損のないスキルになりますから練習しておきましょう。

 

 

 
ある程度の挨拶をして顔見知りになり始めたらひと言ふた言会話をできるような関係になるように頑張ってみましょう。

 
会話なんて適当で大丈夫です今日の天気が晴れていたら気持ちいいですね。とか、雨が降っていたら雨ってやっぱ嫌ですねくらいの世間話で十分なんです。

 

 
この時点で自分をアピールする必要は全くありません。

 
何度か会話をしていくと、自分と相手の共通できる部分が何個かは見え隠れするはずです。

 
適度な会話くらいであれば相手を傷つけることもありませんし、嫌われることもありません。相手との共通の話題が見つかればそこを掘り下げて、次に会話のステップを進めていくようにしましょう。

 

 
例えば雨の日髪のセットが大変だなという話題を振ってそうなんです私の髪も大変で、という話題が出たらチャンスの一つ。

 
どこの美容院行っているんですかとかどんなシャンプーしているんですかとか聞いてみましょう。

 
顔以外で雰囲気や匂い服装ネイルなどをさりげなく褒めてあげると更にポイントがよくなります。

 

 
共通の話題で掘り下げるようになったらもっと仲良くなりたいなということをアピールするチャンスです。

 
ここはまどろっこしいことを言わずにあなたにも注意興味があります。ですから、連絡先を教えてください。

 
これくらいストレートに言ってみましょう。

 

逆にまどろっこしいことを言われると、「私に興味があるのか無いのかよく分からない人」と思われがちなので、ここは覚悟を決めて「あなたに好意を持っていますよ」というアピールは絶対にすべきなのです。

 

 

 
今ではLINE のID が当たり前でしょうからラインでも聞ければチャンスの機会があったようなもの。

 
いきなり食事の誘いをするよりも相手の趣味や生活スタイル、自分のことについて何度かラインのキャッチボールをするようにしましょう。

 

 

 
ある程度この人は自分に合うなと思うのであればそっからお昼ご飯一緒にどうですかと誘ってみることです。

 

 

 
仮に相手が自分に対し好意があればラインのキャッチボールも割とスムーズにいくはずです。

 
誘うか誘わないかの流れはなんとなくいけそうって思ったところは機械なのでチャンスを残さないようにアンテナを張っておきましょう。

 

 

仮にランチに誘って断られたとしても凹む必要はありません。

まだその時ではないということ

 

 
場合によってはただ都合が悪いということもある多くあるのです。

 
また別の機会に誘っていいですかというだけで次の機会を虎視眈々と狙うように。

 
その間もあなたに好意がありますよという意味合いを含めた会話やラインをするようにすると少しずつ成功率は高くなっていくはずです。

 

 

ランチはコーヒーもしくは紅茶がおいしくスイーツもおいしいお店をチョイスしておこう

ランチは比較的ゆっくりできて、食後にある美味しいコーヒーもしくは紅茶とスイーツが出るようなちょっとゆったりめのランチが楽しめるところをチョイスしておくのがベストです。

 
女性のほとんどが甘い物が大好きそして雰囲気がゆったりしているところは好む傾向にあります。

 

 

 
間違っても回転ずし屋ラーメンといったカウンターで食べるようなところはやめるように。

 
お金はない。中学生や高校生であればファストフード屋ファミレス等席がゆっくり座れるところでランチが楽しめればそれでOK です。

-初デート

Copyright© 恋愛ヨミモノ , 2018 AllRights Reserved.